腰痛の治し方

腰痛が起こった時の対処法

慢性的な腰痛と長年付き合っている方は対処法にも慣れているかもしれませんが、それでも突然痛みに襲われる場合もあるでしょう。

 

腰が痛みだしたら、まずは腰に負担をかけない姿勢を取ることで痛みを緩和します。

 

人によって痛みが軽くなる姿勢は異なることもありますが、一般的には横向きの状態でくの字に足を曲げ、少し背中を丸くすると痛みが軽減されるようです。

 

横になれる時にはこの姿勢をとってみましょう。

 

しかし、出先で腰痛に襲われた場合は横になるのは困難かもしれません。

 

そんな時には壁などにもたれかかり、うずくまると少し痛みが緩和されるでしょう。

 

歩くのが辛い時は、カニ歩きの方が腰に負担をかけません。

 

また、痛みを感じる箇所を冷やせば良いのか、温めた方が良いのかも迷う方が多いでしょう。

 

湿布にも温湿布と冷湿布があるので、使い分けがわからないという事もあるのではないでしょうか。

 

腰痛が慢性的なものであれば、温めることで痛みが緩和されます。

 

しかし、ぎっくり腰のような急性の痛みの時には、反対に冷やした方が楽になる場合もあります。

 

とはいえ、冷やしすぎは良くない影響を与えることがあるため注意しなければなりません。

 

また、マッサージが良いのではと考えがちですが、腰が腫れていたり、熱をもっていたり、硬くなっていたりする場合、外傷や打ち身による痛みは、かえって痛みが増すこともあるため避けた方が良いでしょう。

 

不意の腰痛に見舞われた際、対処法を知っていれば慌てふためくこともなくなるでしょう。

 

自分だけでなく、一緒にいた人が痛みに苦しんでいる時にも対応することができますので、このような基本的なことだけでも頭に入れておいたほうが良いでしょう。

腰痛が起こった時の対処法関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛が起こった時の対処法