腰痛の治し方

ストレスで腰痛になる!?

腰痛には色々な原因がありますが、その中のひとつにストレスも挙げられています。

 

ストレス社会といわれる現代において、ストレスを溜め込むと腰痛になってしまうと聞くと、どんなつながりになっているのか気になる方も多いでしょう。

 

ある人が腰痛に悩まされ、どこか身体に異常があるのではないかと病院を受診したとします。

 

この時に病院で実施する検査はMRIやレントゲンですが、これらの検査ではどこも悪くないという結果が出ました。

 

ぎっくり腰の場合も検査結果には異常がありませんが、この人にはそんな心当たりもないとしたら、一体原因は何なのでしょうか。

 

このような場合には、原因がストレスであることが多いのです。

 

更年期の症状としてもみられますが、内臓疾患や骨格などに疾患がないのにどこかが痛んだり、のぼせたりとスッキリしない不快な症状がみられるものは「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と呼ばれています。

 

ストレスは溜め込みすぎると精神疾患につながるイメージがあるでしょうが、実はそれだけでなく、不眠症や肩こり、便秘といった身体的なトラブルにもつながることもあるのです。

 

不定愁訴もストレスが原因で起こることが多く、腰痛も例外ではありません。

 

ストレスからくる腰痛は、自律神経が深く関わっているのです。

 

ストレスを感じ続けると自律神経のバランスが崩れ、血流が滞ったり筋肉の緊張を招いてしまいます。

 

疲れた筋肉はちょっとした負担にも耐えらなくなり、腰痛が起こりやすくなってしまうのです。

 

趣味に打ちこめる時間を作り、血流を促す適度な運動を生活にプラスするなどしてストレスをうまく解消できる工夫をすると、心にも身体にも良い作用を与えるでしょう。

ストレスで腰痛になる!?関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ストレスで腰痛になる!?