腰痛の治し方

腰痛予防のための日常生活のチェックポイント

腰痛は、一度なってしまうと慢性化することもあり、とても辛いものです。

 

そうならないためにも日頃の生活で出来ることを心がけ、腰痛で悩むことのない身体づくりをしていきましょう。

 

腰痛になる原因は、姿勢の悪さが大きなウエイトを占めているのです。

 

気がつくと背中を丸めて猫背になっていたり、いつも頬杖をついていたり、立っている時も足を組むクセがあったり、片足を前に出して腰を横に突き出したり…。

 

こうした姿勢は身体が歪む原因にもなり、腰痛になってしまうのです。

 

気付いた時に正しい姿勢に直すことを心がけていれば、少しずつ正しい姿勢が身についてくる事でしょう。

 

座る時は、背筋をピンと伸ばしてあごは軽くひき、椅子に深く腰かけましょう。

 

椅子の上でヒザを抱えたり、あぐらをかいたりするのは腰に負荷がかかります。

 

また、椅子が低すぎたり、高すぎたりするのも良くありません。

 

お尻の位置よりもヒザが少し高くなるくらいの高さに調整しましょう。

 

クッションのよすぎる柔らかい椅子も、座り心地はいいですが腰にはあまり良くないのです。

 

長時間同じ姿勢を続けることも腰痛の原因になるので、20〜30分に一度くらいは椅子から立ちあがって腰を大きく回してみたりすることをお薦めします。

 

そして、重い物を持ち上げる時も注意しなければなりません。

 

腰に力を入れるのでなく、しゃがんで身体全部の力で持ち上げることがポイントです。

 

中腰で持ち上げると腰に負担をかけ、ぎっくり腰の原因にもなることも多いので注意しましょう。

腰痛予防のための日常生活のチェックポイント関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛予防のための日常生活のチェックポイント