腰痛の治し方

腰痛を防ぐには姿勢の見直しから

腰痛予防のために最も大事なことは、正しい姿勢を保つことなのです。

 

姿勢が悪い人は腰を痛めやすく、腰が痛くなると正しい姿勢を保てなくなるためにより腰に負担をかけることになり、腰痛が悪化してしまうという傾向にあります。

 

ベルトやコルセットをはじめ、さまざまな予防法や治療法がありますが、基本となる正しい姿勢を保つことができなければ完全に治療することは困難なため、姿勢の矯正は非常に重要になるのです。

 

では、腰痛を防ぐ正しい姿勢とはどのようなものかご存知ですか。

 

立った時の姿勢としては、軽く顎をひき、背筋とヒザを自然に真っすぐになるように伸ばします。

 

後ろに反ったり、猫背やO脚になっていたり、片方の足に力を入れてバランスがとれてなかったりする姿勢はよくありません。

 

真横から見て、耳、肩、ヒザ、くるぶしまでが直線になっていると良いと言われているので、鏡で横から見て確認するとわかりやすいでしょう。

 

逆に、中腰姿勢はよくないです。

 

中腰になると腰に負担がかかりやすいので、できるだけ中腰になるのは避けるようにした方が良いでしょう。

 

とはいえ、仕事などで中腰でいなければならないこともあるでしょう。

 

そういう方はできるだけ中腰になる時間を少なくし、作業の流れをもう一度見直して中腰にならなくて済むように考えた直すと良いでしょう。

 

腰痛対策に姿勢の見直しは必要不可欠なのです。

 

少し心掛けるだけでもかなり違ってきますので、腰痛が気になる方、予防したい方は早速取り入れてみて下さい。

腰痛を防ぐには姿勢の見直しから関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛を防ぐには姿勢の見直しから