腰痛の治し方

脊柱管狭窄症の痛みを和らげるには

脊柱管狭窄症の最大の症状は、やはり重い腰の痛みや痺れです。

 

強い腰痛の場合は普通に歩くこともままならず、日常生活に支障も出ます。

 

加齢により腰痛などの症状が現れることも多いため、歳のせいと勘違いし専門医を受診することなく放置してしまうことも珍しくないようですが、脊柱管狭窄症をはじめとする重篤な状態を招く疾患が原因で腰痛などの症状が現れている場合には、早期に発見して適切な治療を早めに開始することがとても大事な事なのです。

 

手術するまでの症状でない脊柱管狭窄症の場合、辛い症状を少しでも和らげるためには、リハビリを継続的に行っていくことが重要です。

 

それにより症状が軽減すると同時に、進行を遅らせることにも繋がります。

 

腰痛などの症状を軽減する方法はいくつかありますが、いずれも日常生活の中で気をつけていれば出来る事ばかりでしょう。

 

腰に負担をかける姿勢を防いだり、軽い運動を習慣づけたり、肥満にならないよう適切な食事管理をしたりすることで、随分と状態が変わるはずです。

 

毎日の生活で無理のない程度で出来ることを心がけていきましょう。

 

脊柱管狭窄症にみられる腰痛を軽減するには、少し前傾姿勢をとるのがよいそうです。

 

腰を反らせたりすると腰に負担がかかり症状が酷くなってしまうため、杖やカートなどを使ったり、移動は自転車を使うようにした方が良いでしょう。

 

また、就寝時も、腰が反らないよう仰向けで寝ることを避けましょう。

 

どうしても仰向けでないと寝つけないという方は、クッションや折りたたんだバスタオルを膝の下に入れ、腰の負担を軽くする事をお薦めします。

 

長く同じ姿勢を続けたり、腰をひねったりすることも腰に負担をかけるので十分注意が必要です。

脊柱管狭窄症の痛みを和らげるには関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

脊柱管狭窄症の痛みを和らげるには