腰痛の治し方

腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の手術−

強い腰痛や排泄障害を伴う重度の脊柱管狭窄症では、治療方法として手術が採択される場合があります。

 

また、保存療法ではなかなか腰痛などが治らないなど、症状の改善がみられない場合にも、手術になる場合があるでしょう。

 

脊柱管狭窄症の手術には、いくつかの方法があります。

 

基本的には狭くなった脊柱管を広げる手術なのですが、腰痛のレベルの大きさや、痛みが強い箇所はどこかなどにより、適した手術方法が変わってきます。

 

手術が考えられる程の重い症状がみられる脊柱管狭窄症では、難しい手術にも対応できる脊椎の治療を専門とした整形外科を受診することをお薦めします。

 

腰痛などがみられても歳のせいだろうと勘違いしてしまう事が多いものですが、脊柱管狭窄症のような疾患が潜んでいることもあるので、早期に専門医を受診し、原因を突き止める早期発見できればそれだけ早く治療を始める事が出来、保存療法のような治療で改善を図ることができるのです。

 

発見が遅れれば重篤な状態になり、手術でないと治療が困難になることもあります。

 

手術が検討される程度まで症状が進んでしまうと、すべての症状を解消することが困難な場合もあります。

 

軽度の腰痛や、麻痺や痺れなどの神経症状も場合によって残ってしまうことがあります。

 

また、術後安静を保っても痛みなどの症状が再発するケースもあると言います。

 

よって脊柱管狭窄症は早期発見、早期治療が大変重要であり、保存療法ですぐに症状の改善がみられなくても、しっかりと取組むことが大事なのです。

腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の手術−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の手術−