腰痛の治し方

腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の場合−

腰痛に悩まされて専門医を受診した場合、脊柱管狭窄症が疑われる時にはX線検査やCT検査、MRI検査などを行うでしょう。

 

これらの検査により、腰痛の直接の原因になっている脊柱管の状態を詳しく調べられます。

 

多くの場合は最初にX線検査を行い、これだけで分かることもあれば、より詳しく調べたい時にはCTやMRIによる検査を行う事もあるでしょう。

 

また、時は造影剤を用いることもあるようです。

 

脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間欠跛行がみられる場合には、この症状が出やすい閉塞性動脈硬化症を発症していないかどうかを確認していきましょう。

 

そして検査の結果、症状の度合いに適した治療方法が選択されます。

 

脊柱管狭窄症の治療には、保存療法や薬物療法、理学療法や装具療法、神経ブロックや硬膜外ブロックなどの方法があります。

 

腰痛などが酷く、排泄障害が起こるほどまでになっている時には手術による治療を検討しますが、腰痛をはじめとする他の症状が重篤でない場合には保存療法による治療が選択されるでしょう。

 

保存療法では、姿勢をよくしたり運動を取り入れる方法などで改善を図る場合が多いでしょう。

 

それと併せて、痛み止めの内服や湿布、外用薬を処方したり、患部を温めたり超音波や索引により症状の緩和を図る理学療法なども行われることがあります。

 

その他、症状によってはコルセットなどで固定する装具療法や、痛みが各所に伝わるのを防ぐ神経ブロックと呼ばれる注射で痛みを抑えたり、一時的に腰痛やしびれなどを軽減させる局所麻酔薬の注射などを行う場合もあります。

腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の場合−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の場合−