腰痛の治し方

腰痛を引起こす脊柱管狭窄症のタイプと原因

重い腰痛に悩まれる方は多いですが、その原因が脊柱管狭窄症である場合、痛みの原因を突き止めて正しい治療を行うことが重要です。

 

脊柱管狭窄症は、神経根が圧迫される場合と馬尾と呼ばれる神経の束が圧迫される場合とがあり、現れる症状が若干違います。

 

下半身の痺れや腰痛は共通した症状なのですが、馬尾のほうが症状が重く、排泄障害が起こったり、力を入れることができなかったり、また、腰椎が離れるすべり症に共通する症状が現れる場合も多いそうです。

 

脊柱管狭窄症の原因は、その名の通り脊柱管が狭くなってしまう事により神経が圧迫されて起こるものなのです。

 

脊柱管が狭くなってしまう原因は複数あります。

 

生まれついて脊柱管が狭い先天性のものもあれば、すべり症や椎間板ヘルニアが原因の後天性のものもあるのです。

 

また、腰椎の手術や外傷が原因で発症したり、加齢による変形が原因になる場合など様々です。

 

脊柱管が狭くなると中を巡っている神経や血管に大きな負担をかけ、腰痛が起こる他、さまざまな症状をひき起こします。

 

腰痛やしびれなどの脊柱管狭窄症の主な症状は老化によって現れる症状と似ていることから見分けがつきにくく、放置してしまう場合も多いようです。

 

気になる症状がみられる時は歳のせいと決め付けず、きちんと原因を突き止め、辛い腰痛などの症状に悩まされないようにしたいですね。

 

また、近年では若い方にもこのような症状が現れることもよくある様で、こちらも放置してしまうことで症状を悪化させてしまうことが多いようです。

腰痛を引起こす脊柱管狭窄症のタイプと原因関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛を引起こす脊柱管狭窄症のタイプと原因