腰痛の治し方

さまざまな腰痛 −脊柱管狭窄症−

脊柱管狭窄症とは、腰にある脊柱管が狭まることで中を通る神経に負担がかかり、腰痛・しびれなどが現れる症状のことをいいます。

 

年齢としては中高年に多いという事から、腰痛などが起きるとつい年齢によるものと思われがちです。

 

しかし、きちんとした原因がある場合の腰痛なら、きちんと治すことで改善されますので頑張って治しましょう。

 

脊柱管狭窄症の主な症状は、「間欠跛行」といわれるものです。

 

痛みから長く歩くことが困難で、休み休みでないと歩けない状態であり、この症状が脊柱管狭窄症の特徴でもあります。

 

また、真っ直ぐ立つことが辛く、杖をついたりカートなどを使って前かがみになることで、歩行が楽になるのもこの病気の症状の特徴といえるでしょう。

 

これは、負担をかけている部分が前かがみの姿勢になることで腰痛が軽減されるからです。

 

脊柱管狭窄症は、通っている神経のうちどの部分が圧迫されているかによって現れる症状が異なります。

 

神経根を圧迫している場合の症状は、腰痛や足の痛みも左右どちらか片方にあらわれます。

 

馬尾を圧迫している場合は、神経根の場合よりも痛みや症状が重いことの方が多いようです。

 

症状として、しびれを感じたり麻痺するような感覚、脱力感などを感じます。

 

また、排泄障害を起こす場合もあります。

 

そして、どちらも神経を圧迫している場合を混合タイプといい、この場合はどちらの症状もみられます。

 

いずれにしても、自己判断はしない方がよいでしょう。

 

気になる症状が見られたら早めに診察を受けることが重要ですが、自己診断で民間療法などをすると悪化する場合も十分に考えられるので注意が必要です。

さまざまな腰痛 −脊柱管狭窄症−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

さまざまな腰痛 −脊柱管狭窄症−