腰痛の治し方

腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの様々な手術−

腰痛で苦しむことの多い椎間板ヘルニアは保存療法が一般的なのですが、中には症状や状況により手術を採択する場合もあるのです。

 

椎間板ヘルニアは、実は長いスパンで考えて保存療法を行えば大体の場合は治ります。

 

しかし、保存療法でも完治しない時や腰痛に耐えきれない方は、手術による治療が行われることもあるでしょう。

 

椎間板ヘルニアの手術にはいろいろな方法があります。

 

ひとつはレーザーを使った方法で、完全に切開する必要がないため人気があります。

 

メスを使わず、針を刺してレーザーをあてて治療する方法です。

 

しかし、まだあまり浸透していない治療法なのか保険の適用外となっており、医療費が30万円前後と高額になってしまうのです。

 

しかし、時間も早く日帰りでの手術が可能なことなど高い費用に見合った方法ともいえるでしょう。

 

また、ラブ法と呼ばれるメスで切開してヘルニアを取り除く手術という方法もあります。

 

これはわりと昔からされている一般的な方法で確実ですが、入院をしないといけないため、負担が幾分大きくなります。

 

他には、背中側から内視鏡や顕微鏡を入れてのヘルニア摘出手術や、背中側から管を入れ、X線で見ながら摘出するという方法もあります。

 

その他、手術により金具で固定してしまうという方法もあります。

 

保存療法で腰痛が治まるのを待っている方の中には一刻も早く手術をしたいと願う方もいるようですが、治療法は医師と十分相談することが重要です。

 

なってみないとわからないしびれや腰痛を誘発する椎間板ヘルニアは、完治までにはある程度の忍耐も必要となるのかもしれません。

腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの様々な手術−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの様々な手術−