腰痛の治し方

腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの保存療法−

椎間板ヘルニアは激しい腰痛を伴うために、少しでも早く完治させたいと思う方が多いでしょう。

 

手術をしないと治らない場合もあるのですが、保存療法と呼ばれる治療方法をとることが一般的で、8〜9割がこれで改善すると言われています。

 

保存療法には複数の形があり、索引、硬膜外ブロック、そして安静といった方法が病院で行われる治療法です。

 

病院によってどの方法をとるかは異なる為、自分に合った保存療法を行っているところを探してみると良いでしょう。

 

また、医師の指示に素直に従うことによって効果も違うでしょう。

 

保存療法として行われる治療法のうち、一般的なものの治療内容を紹介します。

 

索引は、骨盤を伸縮させることにより腰痛の原因となっている筋肉を緩めてくれる作用があり、特に腰痛を激しく感じる方には効果的な方法でしょう。

 

また、骨盤を引っ張ることによって椎間板に直接かかっていた負担を少なくし、症状の進行を遅らせます。

 

温熱療法とは、接骨院でよく行われる保存療法の事です。

 

温熱機などで患部を温め、血行を良くして腰痛などの症状を緩和します。

 

低周波治療も、接骨院で実施されることの多い治療法です。

 

低周波を発する機械を装着し、筋肉に直接電流を流して痛みを取り除くという方法です。

 

その他、神経ブロックといって、神経の流れる部分に痛み止めを注射する方法もあります。

 

椎間板ヘルニアの治療は、根本的な解決よりも腰痛などの痛みを和らげることで症状の回復するのを待つ方法をとることが多いようです。

腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの保存療法−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの保存療法−