腰痛の治し方

腰痛の原因 −椎間板ヘルニアの場合−

腰痛を引き起こす大きな要因となる椎間板ヘルニアは、なぜ起こるのかご存知ですか。

 

椎間板ヘルニアの原因は、ひとつではなく色々とあります。

 

そしてそのどれもが、普段の生活の中で注意を要するものなのです。

 

例えば、急に重いものを持った時、スポーツ時にひねってしまった時や同じ姿勢を長く続けた時などです。

 

こういったことは、どれも背骨に負担をかけてしまう要因となります。

 

また、椎間板ヘルニアには、椎間板そのものの老化によるものや、骨の老化によるものでも起こります。

 

骨に原因がある時には、カルシウムをしっかりと摂ることで防ぐことが可能です。

 

カルシウムが足りずに骨が脆くなると椎間板も弱くなり、ヘルニアや腰痛の原因になってしまいます。

 

他の骨を強化する為にも、カルシウムは積極的に摂りたいものです。

 

椎間板の老化は、実は結構早い段階から始まるそうです。

 

老化してしまうと、若い時には大丈夫だった姿勢でも知らず知らずのうちに負担をかけ、それが腰痛の原因になってしまうのです。

 

その他、最近特に言われている原因として、背骨や骨盤のゆがみが考えられます。

 

背骨や骨盤がゆがむと、椎間板ヘルニアにならなくても腰痛が起こる原因になってしまいます。

 

骨盤がゆがむことによって腰椎にもゆがみが出てくるのです。

 

骨盤のゆがみは、腰椎だけでなく身体全体に支障をきたすといわれています。

 

腰痛だけでなく、内臓の機能低下を引き起こす原因にもなるのです

 

悪い姿勢のままでいると、全体をゆるがすゆがみの原因となるので注意しなければなりません。

腰痛の原因 −椎間板ヘルニアの場合−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

腰痛の原因 −椎間板ヘルニアの場合−