腰痛の治し方

妊娠中の腰痛

妊娠中は腰痛を訴える方がたくさん居るようです。

 

赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も大きくなっていきますが、重くなるお腹を支えるために腰に負担がかかってしまう事がが原因でしょう。

 

また、妊娠すると体重が増えるため、これによっても腰に負荷がかかり、腰痛を起こりやすくなるのです。

 

また、妊娠中の腰痛の原因は他にもあります。

 

実は女性ホルモンの一種である「リラキシン」の分泌と大きく関わっているという事なのです。

 

リラキシンは、出産時に大きな働きをする重要なホルモンです。

 

お母さんの骨盤を赤ちゃんが通る時、狭い骨盤を赤ちゃんが通りやすいように広げるために、恥骨結合と呼ばれる箇所を暖める働きをするのがリラキシンというホルモンです。

 

リラキシンは出産時だけでなく、妊娠中、産後、そして月経の前などにも分泌されていて、骨盤やその他の部位の関節を緩める働きがあります。

 

そして、関節を支える働きをする靭帯まで作用し、緩めてしまうのです。

 

靭帯が緩むと関節の動く範囲が通常よりも大きくなり、それを支える腱や筋肉に過度の負担がかかってしまい、腰痛になってしまうのです。

 

妊娠中は身体が重くなるので運動不足になりがちですが、母体の健康を考えると適度に身体を動かすことがマタニティライフを快適に過ごすポイントと言えるでしょう。

 

運動不足は体重増加につながり、腰に負担をかけて腰痛の原因にもなるのです。

 

お母さんが健やかに過ごすことが赤ちゃんにも良い影響を与える事にもなります。

 

ちょっとした心がけでさまざまな身体トラブルを回避し、快適に毎日を過ごす事ができるでしょう。

妊娠中の腰痛関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

妊娠中の腰痛