腰痛の治し方

さまざまな腰痛 −坐骨神経痛−

坐骨神経痛とは、坐骨神経の通り道に痛みが出る症状を指します。

 

坐骨神経が通っているところとは、腰からお尻、足にかけてです。

 

さまざまな神経の中でも最も長く太いのが特徴です。

 

この神経が麻痺すると知覚神経と運動神経の2つに支障がでます。

 

腰痛やしびれのような症状を感じるだけでなく、歩行が困難になったりすることもあり、生活をする上では大切な神経といえるでしょう。

 

坐骨神経痛の主な症状は、腰痛やしびれ、疼痛(神経からくるうずくような痛み)などですが、坐骨神経痛は他の疾患がきっかけとなって起こる事も多いそうです。

 

最も多くみられるのが腰椎椎間板ヘルニアですが、その他に坐骨神経痛につながる疾患として、梨状筋症候群や脊柱管狭窄症、脊椎分離症やすべり症、脊椎腫瘍や骨盤内腫瘍なども挙げられます。

 

これらの疾患の症状も坐骨神経痛と同様に腰痛や痺れであるため、すぐには見分けがつかないこともあるのです。

 

一般的にみられる腰痛とは違う坐骨神経痛の症状は、足やお尻に感じる放散痛です。

 

放散痛とは、実際に痛みを生じている箇所でなく、他の部位に痛みがあるように感じるというものです。

 

腰痛をはじめとする坐骨神経痛の症状を緩和するには、生活習慣の見直しや薬物療法、牽引、患部を温める温熱治療などがあります。

 

また、硬膜外ブロックや神経根ブロックなど、注射を使って痛みを和らげる治療も行われます。

 

症状の改善がみられなかったり、歩行障害などの合併症がある場合には、手術を検討する事になるでしょう。

さまざまな腰痛 −坐骨神経痛−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

さまざまな腰痛 −坐骨神経痛−