腰痛の治し方

さまざまな腰痛 −椎間板ヘルニア−

腰痛の原因には、色々なものがあります。

 

中でも、腰痛の原因として一番よく知られているのが「椎間板ヘルニア」ではないでしょうか。

 

しかし、椎間板ヘルニアは腰に原因があるのではないのです。

 

椎間板ヘルニアが引き起こす坐骨神経痛という症状により腰痛を起こしてしまうのです。

 

椎間板は老化するのが結構早く、20代くらいの若い世代の方でもかかってしまうことがあります。

 

ずっと同じ姿勢で作業をするお仕事の方や、デスクワークの多い方、立ち仕事の方などに特に多く見られます。

 

そんな椎間板ヘルニアの症状は、とにかく激痛だということです。

 

悪化すると坐骨神経を圧迫し、中にはトイレに行くことも出来ない程になることもあるようです。

 

まっすぐ立つと腰痛が辛いため、腰を曲げた状態でいないと痛くて歩くことすらできません。

 

また、痺れもあり、特に腰からつま先にいたるまでに痛みを伴う痺れが出たりするのです。

 

椎間板ヘルニアは、椎間板の中にある髄核が飛び出してしまうことを言い、程度や症状によりいくつかのタイプに分けられる様です。

 

髄核が完全に飛び出してしまうタイプ、髄核の一部が切れてしまうタイプ、そして負担がかかっている髄核と繊維輪という部分が炎症を起こして膨れ上がってしまうタイプに分けられます。

 

日常生活の中でとる姿勢が急激につらく感じたり、歩くことで痛みやしびれを感じる場合には注意が必要でしょう。

 

また、足が上がりにくくなったり、足を触っても感覚が弱い場合なども要注意なのです。

 

腰痛がひどいと感じる時は、放っておかずに原因を探すことが重要です。

さまざまな腰痛 −椎間板ヘルニア−関連エントリー


つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

さまざまな腰痛 −椎間板ヘルニア−