腰痛の治し方

さまざまな腰痛の種類

さまざまな腰痛 −椎間板ヘルニア−
腰痛の原因には、色々なものがあります。中でも、腰痛の原因として一番よく知られているのが「椎間板ヘルニア」ではないでしょうか。しかし、椎間板ヘルニアは腰に原因があるのではないのです。椎間板ヘルニアが引き起こす坐骨神経痛という症状により腰痛を起こしてしまうのです。椎間板は老化するのが結構早く、20代くらいの若い世代の方でもかかってしまうことがあります。ずっと同じ姿勢で作業をするお仕事の方や、デスクワークの多い方、立ち仕事の方などに特に多く見られます。そんな椎間板ヘルニアの症状は、とにかく激痛だという...
腰痛の原因 −椎間板ヘルニアの場合−
腰痛を引き起こす大きな要因となる椎間板ヘルニアは、なぜ起こるのかご存知ですか。椎間板ヘルニアの原因は、ひとつではなく色々とあります。そしてそのどれもが、普段の生活の中で注意を要するものなのです。例えば、急に重いものを持った時、スポーツ時にひねってしまった時や同じ姿勢を長く続けた時などです。こういったことは、どれも背骨に負担をかけてしまう要因となります。また、椎間板ヘルニアには、椎間板そのものの老化によるものや、骨の老化によるものでも起こります。骨に原因がある時には、カルシウムをしっかりと摂ること...
腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの保存療法−
椎間板ヘルニアは激しい腰痛を伴うために、少しでも早く完治させたいと思う方が多いでしょう。手術をしないと治らない場合もあるのですが、保存療法と呼ばれる治療方法をとることが一般的で、8〜9割がこれで改善すると言われています。保存療法には複数の形があり、索引、硬膜外ブロック、そして安静といった方法が病院で行われる治療法です。病院によってどの方法をとるかは異なる為、自分に合った保存療法を行っているところを探してみると良いでしょう。また、医師の指示に素直に従うことによって効果も違うでしょう。保存療法として...
腰痛の治療 −椎間板ヘルニアの様々な手術−
腰痛で苦しむことの多い椎間板ヘルニアは保存療法が一般的なのですが、中には症状や状況により手術を採択する場合もあるのです。椎間板ヘルニアは、実は長いスパンで考えて保存療法を行えば大体の場合は治ります。しかし、保存療法でも完治しない時や腰痛に耐えきれない方は、手術による治療が行われることもあるでしょう。椎間板ヘルニアの手術にはいろいろな方法があります。ひとつはレーザーを使った方法で、完全に切開する必要がないため人気があります。メスを使わず、針を刺してレーザーをあてて治療する方法です。しかし、まだあま...
さまざまな腰痛 −脊柱管狭窄症−
脊柱管狭窄症とは、腰にある脊柱管が狭まることで中を通る神経に負担がかかり、腰痛・しびれなどが現れる症状のことをいいます。年齢としては中高年に多いという事から、腰痛などが起きるとつい年齢によるものと思われがちです。しかし、きちんとした原因がある場合の腰痛なら、きちんと治すことで改善されますので頑張って治しましょう。脊柱管狭窄症の主な症状は、「間欠跛行」といわれるものです。痛みから長く歩くことが困難で、休み休みでないと歩けない状態であり、この症状が脊柱管狭窄症の特徴でもあります。また、真っ直ぐ立つこ...
腰痛を引起こす脊柱管狭窄症のタイプと原因
重い腰痛に悩まれる方は多いですが、その原因が脊柱管狭窄症である場合、痛みの原因を突き止めて正しい治療を行うことが重要です。脊柱管狭窄症は、神経根が圧迫される場合と馬尾と呼ばれる神経の束が圧迫される場合とがあり、現れる症状が若干違います。下半身の痺れや腰痛は共通した症状なのですが、馬尾のほうが症状が重く、排泄障害が起こったり、力を入れることができなかったり、また、腰椎が離れるすべり症に共通する症状が現れる場合も多いそうです。脊柱管狭窄症の原因は、その名の通り脊柱管が狭くなってしまう事により神経が圧...
腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の場合−
腰痛に悩まされて専門医を受診した場合、脊柱管狭窄症が疑われる時にはX線検査やCT検査、MRI検査などを行うでしょう。これらの検査により、腰痛の直接の原因になっている脊柱管の状態を詳しく調べられます。多くの場合は最初にX線検査を行い、これだけで分かることもあれば、より詳しく調べたい時にはCTやMRIによる検査を行う事もあるでしょう。また、時は造影剤を用いることもあるようです。脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間欠跛行がみられる場合には、この症状が出やすい閉塞性動脈硬化症を発症していないかどうかを確認...
腰痛の治療 −脊柱管狭窄症の手術−
強い腰痛や排泄障害を伴う重度の脊柱管狭窄症では、治療方法として手術が採択される場合があります。また、保存療法ではなかなか腰痛などが治らないなど、症状の改善がみられない場合にも、手術になる場合があるでしょう。脊柱管狭窄症の手術には、いくつかの方法があります。基本的には狭くなった脊柱管を広げる手術なのですが、腰痛のレベルの大きさや、痛みが強い箇所はどこかなどにより、適した手術方法が変わってきます。手術が考えられる程の重い症状がみられる脊柱管狭窄症では、難しい手術にも対応できる脊椎の治療を専門とした整...
脊柱管狭窄症の痛みを和らげるには
脊柱管狭窄症の最大の症状は、やはり重い腰の痛みや痺れです。強い腰痛の場合は普通に歩くこともままならず、日常生活に支障も出ます。加齢により腰痛などの症状が現れることも多いため、歳のせいと勘違いし専門医を受診することなく放置してしまうことも珍しくないようですが、脊柱管狭窄症をはじめとする重篤な状態を招く疾患が原因で腰痛などの症状が現れている場合には、早期に発見して適切な治療を早めに開始することがとても大事な事なのです。手術するまでの症状でない脊柱管狭窄症の場合、辛い症状を少しでも和らげるためには、リ...
さまざまな腰痛 −坐骨神経痛−
坐骨神経痛とは、坐骨神経の通り道に痛みが出る症状を指します。坐骨神経が通っているところとは、腰からお尻、足にかけてです。さまざまな神経の中でも最も長く太いのが特徴です。この神経が麻痺すると知覚神経と運動神経の2つに支障がでます。腰痛やしびれのような症状を感じるだけでなく、歩行が困難になったりすることもあり、生活をする上では大切な神経といえるでしょう。坐骨神経痛の主な症状は、腰痛やしびれ、疼痛(神経からくるうずくような痛み)などですが、坐骨神経痛は他の疾患がきっかけとなって起こる事も多いそうです。...
さまざまな腰痛 −ぎっくり腰−
ぎっくり腰は、正式名称を「急性腰痛症」、または「筋幕性腰痛症」といいます。腰に強い痛みがあるのにX線検査などで異常が確認できず、内臓疾患もみられない場合に診断されます。ぎっくり腰になると座っている時間が長かったり、前かがみになるのが辛いものですが、実はぎっくり腰になるにはさまざまな要因があるようです。普段からあまり運動をしなかったり、肥満気味だったり、疲労が原因で腰の筋肉の血液循環が悪くなっていたりすると起こりやすいとされています。しかし、ぎっくり腰だと思っていても思わぬ疾患が原因で腰痛が起こっ...
妊娠中の腰痛
妊娠中は腰痛を訴える方がたくさん居るようです。赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹も大きくなっていきますが、重くなるお腹を支えるために腰に負担がかかってしまう事がが原因でしょう。また、妊娠すると体重が増えるため、これによっても腰に負荷がかかり、腰痛を起こりやすくなるのです。また、妊娠中の腰痛の原因は他にもあります。実は女性ホルモンの一種である「リラキシン」の分泌と大きく関わっているという事なのです。リラキシンは、出産時に大きな働きをする重要なホルモンです。お母さんの骨盤を赤ちゃんが通る時、狭い骨盤を...
産後に起こる腰痛
産後はさまざまことが原因で腰痛を招きやすくなります。まず、赤ちゃんをおんぶしたり、抱っこしたりすることで赤ちゃんの体重を支えるために身体のバランスが崩れ、腰に負担がかかって腰痛になることがあります。出産後のお母さんの身体は、健康に見えても妊娠前と同じ状態ではなく、完全に回復するまでには2ヶ月ほどはかかります。回復しきっていない状態で3キロほどもある赤ちゃんを長く抱っこすることはかなり腰に負担がかかり、腰痛が起これば身体の回復にも影響します。抱っこをする時はどうしても左右どちらかに重心をおくことに...

つらい腰痛がどうして起こるのか、原因や治療法を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 腰痛を改善する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

さまざまな腰痛の種類